ネットバンクのデメリット

ネットバンクにデメリットはあるの?

ネットバンクは、インターネットを利用して必要に応じたサービスを利用することが出来ます。
店舗を構えていないといったことから、高金利や振込手数料を安くしたり無料にしてサービスを提供しています。
時間に関係なくいつでも振込が出来るなど、メリットも多く忙しいビジネスマンや育児に忙しい主婦など、利用者は多くいらっしゃいます。
こんなにも便利なネットバンクですが、やはりデメリットというものも存在します。

 

ネットバンクは、名前の通りインターネットを使ってサービスを利用します。
この場合、パスワード入力が必要となりますが、このパスワードが流出してしまうといったリスクがあります。
パスワードが流出することで、預金が勝手に引き出されるなどの被害が発生したりといったデメリットがあるのです。

 

ネットバンクを不安視する人は少なくない

ネットバンクはメリットが多くあるのでぜひ利用したいと考える一方で、利用者にメリットが多いことから、返って不安視する人も実は少なくありません。

 

ネットバンクにはどんなデメリットや問題点がある?

「ネットバンクのメリット」ではネットバンクやネット支店が優れている点、魅力を紹介してきました。しかしながら、ネット銀行の利用において色々と不安に思われている方が多いのも事実です。

 

ネットバンクの場合、都市銀行や地方銀行といった一般的な銀行のように店舗を構えていないので、万が一の場合どのように対応してもらえるのかといった不安があったり、また、通帳がないので、引き落とし口座としても利用している人の場合など、詳細を見るのにログインして確認する必要があり、これを少し面倒だと感じる人もいるようです。

 

一般的な銀行で行っているサービスをインターネットを利用して利用するというだけの話ですから、何も難しいことはなく、店舗に直接足を運ぶ変わりに、各種サービスを利用すべくログインするといったところ。
不明に思うポイントも、ネットバンクのホームページに「よくある質問」や「○○銀行Q&A」といった項目が設けられており、そこで解決することが出来るものがほとんどです。
残高照会や明細も、通帳と同じように確認することが出来ますし、今の前の通帳を確認したいがどこかに紛失してしまったので確認することが出来ないといったことも、ありません。