ジャパンネット銀行

一番歴史のあるネットバンク

ジャパンネット銀行は、ネットバンクの中で一番長く存在しているネットバンクです。
実際に、ネットバンクといいえば「ジャパンネット銀行」をイメージする人も少なくないでしょう。
これは、ジャパンネット銀行が日本で初めて出来たネットバンクだから。
ジャパンネット銀行同士であれば、24時間いつでもリアルタイムでの送金が可能、また、他銀行へ預けている預金も一括管理することが可能なので、使い勝手のいいネットバンクです。

 

生活に密着したサービスが豊富

ジャパンネット銀行は、都市銀行や地方銀行といった一般的な銀行同様に、給与振込の口座としての利用や公共料金の引き落としにも利用できるほか、カードローン、預金金利も高めであることから、預金者が利用しやすいネットバンクとなっています。

 

資産管理サービス「JNBアグリゲーション」を利用すれば、ジャパンネット銀行以外の金融機関の資産状況も一緒に管理することが可能。

 

もちろん法人向けのビジネスアカウントも充実しています。

 

パスワード生成機器「トークン」

また、ジャパンネット銀行は、高度なセキュリティであなたの大切な預金を守ります。
ジャパンネット銀行では、パスワード生成機器「トークン」を導入。
無料で利用することが出来るほか、使用する度にパスワードを設定する湾タイムパスワードを採用、第三者にあなたのパスワードを知られることはありません。

 

また、ジャパンネット銀行の場合、クレジットカードを持っていない人のために「VISAデビットカード」を発行。
クレジットカードのように利用することが出来るほか、口座に今ある残高内での買い物のみ可能なので、使いすぎてしまうこともなく、クレジットカードのように「気づいたら使いすぎてしまっていた」なんて心配も、ありません。
VISAデビットは、年会費無料で利用することが可能です。

 

ジャパンネット銀行同士なら手数料が無料

ジャパンネット銀行の振り込みは、ジャパンネット銀行同士の送金であれば、24時間いつでもリアルタイム送金が可能です。
また、ATM手数料は初回利用なら無料で利用が可能です。
2回目以降の利用の場合、3万円以上の入出金は手数料が無料。
3万円以内の場合は162円の手数料が必要です。(※一部ATMのみ324円)
セブン銀行、E-net、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、@BANK(九州は除く)のATMでの利用が可能です。