新生銀行

新生銀行のネットバンク

新生銀行は、外資系の銀行です。
実は新生銀行は、1998年に経営破綻した日本長期信用銀行が新生銀行に改名して新しく生まれ変わった銀行です。
新生銀行は普通銀行ということもあって、実際にはインターネットバンクではなく、インターネットバンキングです。
新生銀行のネットバンクは、パソコンを利用して行う「新生パワーダイレクト」を始め、モバイル用の「モバイルバンキング」の2種類があります。
(※新生銀行のモバイルバンキングを利用する際の利用開始手続きには、パソコンが必要になります。)

 

ステージ別条件

新生銀行は、新生スタンダード、新生ゴールド、新生プラチナの3つのステージに分かれています。
ここでは、ステージ別に必要な条件をお話していきたいと思います。

 

まず「新生プラチナ」の条件は、預け入れ総資産の月間平均残高が2,000万円以上でああること、所定の投資商品の月間平均残高が300万円以上、そしてパワースマート住宅ローンを利用していることが条件になります。

 

次に「新生ゴールド」ですが、預け入れ総資産の月間平均残高が200万円以上であること、所定の投資商品の月間平均残高が30万円以上、円普通預金及びパワー預金の月間平均残高合計が100万円以上、スマートカードローンの借り入れ月間平均残高が100万円以上であること。

 

最後に「新生スタンダード」は、上記に該当しない人となります。

 

これらの条件ですが、どれか一つをクリアしていれば十分とのこと。
新生スタンダードや新生ゴールドとは違い、特にステージが新生プラチナになると、利用することが出来る条件が厳しいものになりますが、ご自身に合う利用方法が出来るというのも大きなメリットです。
今ある資産に合わせて利用することが出来るので、無理なく上手に利用することで、より資産運用に役立てることが出来る銀行です。
また、新生スタンダードであっても引き出しに掛かる手数料は無料といったように、お得に利用することが出来ます。