ネットバンクは疑問がいっぱい

ネットバンクには疑問がつきもの

ネットバンクに対していくつか疑問に思うことがあると思います。
どのように開設するのかといったことや、どんなサービスを利用することが出来るのか、万が一の保証など色んな疑問があると思います。
ここでは、ネットバンクの疑問についてお話していきたいと思います。

 

インターネット契約をしていないと使えない?

ネットバンクの高金利を期待して、一部の貯金をネットバンクに預けようと考える人もいます。
しかし、自宅でインターネットを利用していない人も実は少なくありません。
ネットバンクはその名前の通り、インターネットを経由してサービスを利用するものなので、インターネットが必要になります。

 

ですが、ご自宅でインターネット契約をしていないからといって利用することが出来ないということは、ありません。
携帯電話をお持ちの方であれば、ネットバンクを利用することができます。
ネットバンクだけでなく、都市銀行や地方銀行といった一般的な銀行が提供しているオンラインバンキングのサービスも、携帯電話があれば利用することが可能なのです。
ですから、家にパソコンがないからといってネットバンク利用を諦めてしまうことは、ありません。

 

もし、携帯電話での操作がよく分からないという場合でも、現金の引き出しや入金といったものであれば、コンビニに設置されているATMを利用することで、これまで通りに行うことが出来ます。
もし、スマートフォンを使用している場合であれば、パソコンと同じような操作が可能です。

 

もしネットバンクが破綻してしまったら?

都市銀行、地方銀行、ネットバンクといった銀行は必ず、預金保険機構に参加しているので、万が一不正アクセスなどで預金を引き出されてしまった場合、1,000万円+利息部分までなら保証してもらえます。
もし、預金者に過失があると判断された場合(パスワードが単純、定期的にパスワードを変更しない等)は、保証額が減額になってしまうこともあるので、パスワードは定期的に変更するようにしましょう。

 

通帳がないのにどうやって詳細を確認するの?

一般的な銀行と違って、ネットバンクは通帳がありません。
通帳を発行する場合、それなりにコストが掛かることもあり、一般的な銀行dえあってもネット管理を行っているところも出てきました。
コストを削減させる分、預金者に還元されるといったメリットがあり、実際にネットバンクが高金利であったり手数料が安いまたは無料ということが出来るのは、そういった点にあります。

 

実際にネットバンクの残高や、ショッピングなどの引き落としといったものなどに利用している場合、明細を確認すると思いますが、この場合はホームページへアクセス・ログインすることで確認することが出来ます。
一部のネットバンクでは、有料サービスとして利用明細の郵送サービスを行っているところもありますから、ご自身にあうサービスを利用しましょう。