セキュリティは大丈夫?倒産したらどうなるの?

ネットバンクの不安

ネット社会の現在、インターネットに関連した犯罪が大変増えています。
インターネットが普及していることもありネット犯罪も多く、サイバー警察というものまで存在しているほど。
これほどまでにインターネットが誰でも利用できる時代になったことから、銀行取引もインターネットを利用して行える時代になりましたが、そうなってくると、ネットバンクのセキュリティ面で不安を感じている人も少なくありません。

 

不正アクセスによる被害が心配

インターネット犯罪には色々なものがありますが、インターネットを利用して財産管理を行っている人の場合、自分のネットバンク口座に不正アクセスされてお金を引きだされてしまうのでは?といった不安を抱いている人もいます。
実際に、ネットバンクを装ったメールが届き、パスワードを入力してしまうことでお金を不正に引き出されるといった被害もあり、各銀行が、そのようなメールが届いてもパスワード入力は行わないよう注意喚起のメールを送っているほどです。
ネットバンクでは、不正アクセスされてしまわないよう、セキュリティを強化して運営を行っています。

 

万が一に備えて、例えば被害金額1,000万円まで保証してもらえたり、1回限り利用できるパスワード設定を利用してネットバンクを利用するといった方法を取るなど、各ネットバンクが独自のセキュリティを設けています。

 

ネットバンクが破綻したらどうなるの?

ネットバンクが破綻してしまった場合はどうなるのでしょう。
この場合は、ペイオフ対象となるので、預金保険機構によって1,000万円+利息部分のお金が守られることになります。
そもそも、ネットバンクは無名の企業が運営しているといったものではないので、預金だけ集めてすぐに潰れてしまうといった心配は、まずありません。

 

ネットバンクを利用する場合、預金メインの口座として利用するという人は、あまりいないのではないでしょうか。
確かにネットバンクは高金利ではあるものの、全ての財産をネットバンクで管理しているという人は、いなかもしれません。
ネットバンクはその手軽さから、ショッピングの引き落としやネットショッピングやネットオークションの振り込みといったことに利用している人が多くいるようです。
また、24時間対応であればコンビニに設置されたATMを利用してお金を引きだすことが可能なので、もしものためのお金を預金しておくといった利用方法も便利なのでお薦めです。