ネット銀行の特徴

インターネット銀行にはどんな特徴があるの?

今の時代、インターネット銀行は大変身近なものになりました。
パソコンやスマートフォンを使用して振込や残高照会といったことを行う人も多く、利用している人も多く、一般的には「ネットバンク(ネット銀行)」という呼ばれ方をすることも多くあります。
実際のところ、インターネット銀行にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

インターネットを利用して受けることが出来る銀行サービスは、ネット専業銀行(ネットバンク)を始め、これまで利用してきた一般的な銀行でのオンラインバンキング、また、その銀行のインターネット支店といったように分類することが出来るほか、ここ数年では、都市銀行、地方銀行といった銀行でもインターネットを利用した銀行サービスを導入しているところも随分と増えてきました。
利用者が増えてきた理由としては、やはり手軽に利用することが出来るのはもちろん、手数料や金利の良さといったポイントもあります。

 

ネット専業銀行の特徴

ネット専業銀行は、名前の通りインターネットを活用することで、振込手数料を安く抑えることが出来たり、高金利などを期待することが出来るもの。
インターネットを利用した銀行なので、一般的な銀行のような窓口や支店といったものは、ありません。

 

都市銀行や地方銀行のオンラインバンキング

これまで銀行に直接足を運んで行っていた振込などの手続きをインターネットを使って行うことが出来るサービスです。
手数料も安いところが多いですが、預金の金利は変わりません。
インターネットへ移行するといったものではありませんから、引き続き銀行の窓口や支店を利用することももちろん可能です。

 

インターネット支店とは?

インターネット支店は、ネット支店と呼ばれることが一般的で名前の通り、インターネットでの利用のみの銀行のこと。
インターネットでまかなっているという点から見ても、預金金利は一般的な銀行よりも高いこともありネット銀行に移行する人もいます。
また、振込などに掛かる手数料も安いことから利用者も増えています。
ただ、インターネット支店の場合hあ、一般的な銀行のように通帳が発行されません。
ネット支店特有の利用規約もあるので、把握したうえで利用するようにしましょう。