ネット専業銀行ってどんな銀行?

ネット専業銀行って何ですか?

ネット専業銀行というのは、これまで利用してきた、窓口やATMが設置されている一般的な銀行とは違い、インターネットのみで銀行のサービスを提供しているネット銀行のことをいいます。
ネット銀行では、

 

・振り込み
・定期預金の申込、解約
・外資預金の購入
・ローン申込

 

といった手続きも、インターネットを利用して行うことが可能なことから、忙しいサラリーマンや子育て中の主婦の方の利用も多いようです。

 

高金利なのに手数料が安いのはどうして?

ネット銀行では、一般的な銀行のように店舗を設けていません。
ですからその分、店舗を設けるのに必要な家賃や、配置スタッフなどに掛かる人件費を抑えることが出来るので、その分を金利や手数料に向けることが出来るのです。
また、ネット銀行の場合は振込手数料が無料なところもあるなど、利用者に大きなメリットがあることも特徴です。
また、ATMの利用回数にも制限がない、高い預金金利といったように、利用者へのメリットが大きいので、都市銀行や地方銀行よりもネット銀行を利用しようと考えている人が多いのです。

 

ネット銀行にもデメリットはあるの?

ネット銀行は、高金利や手数料や安いまたは無料、各種手続きがインターネットで可能といった手軽さもありメリットが多くありますが、やはりデメリットもあります。
ネット銀行のデメリットとして挙げると、インターネットを利用して各種手続きを行うので、例えば資産運用を行いたい場合、一般的な銀行のように相談して希望に合うプランを提案してくれるといった相手がいないこと。
また、預金額が1,000万円を超えた場合、保証の対象外になってしまうといったでメリットもあります。
このように、資産運用で利用する場合であっても、ある程度の「自己責任」が科せられる部分があるのがデメリットといえるでしょう。

 

とはいえ、ネット銀行は自宅にいながらパソコンを使って、また、仕事の休憩中などにスマートフォンを使って振込などの手続きが簡単に行えること、受けられるサービスは一般的な銀行と変わらないことから、預金だけでなくカード決済用の口座として開設している人も多いので、このような利用でもネット銀行はお薦めです。