オンラインバンキングとインターネット支店

銀行のオンラインバンキングの利用

オンラインバンキングとは、その名前の通りにインターネットを利用することで受けることが出来る銀行サービスのことをいいます。
普段利用している都市銀行や地方銀行といった店舗を構えている一般的な銀行が提供しているサービスで、多くの銀行がこのオンラインバンキングのサービスを行っていることから、利用者も随分と増えています。

 

銀行が提供するサービスの一つ

オンラインバンキングは、銀行が提供しているサービスのうちの一つです。
ですから、オンラインバンキングを利用することを決めたからといって、これまでの銀行利用が出来なくなるというものでは、ありません。
これまでと同様、銀行に直接足を運んで窓口を利用することも可能ですし、ATMを利用することも可能です。
これまでと同じように銀行を利用する上で、オンラインバンキングというサービス利用を追加するというだけのことです。

 

オンラインバンキングのデメリットは?

オンラインバンキングのサービスを利用する場合、振込に掛かる手数料が店頭での振込みよりも安くなることが多くあります。
しかし、預金につく金利は店頭金利となるので、店舗を構えないネットバンクのように高金利を期待することは出来ません。
もし、振込を多く利用する人であれば、銀行が提供するオンラインバンキングを利用するよりもネット銀行を利用した方が安く済みます。
高い預金金利を期待したいのであれば、ネット銀行を利用した方がいいでしょう。

 

銀行のインターネット支店ってなに?

銀行のインターネット支店といったものを目にしたことがある人もいるでしょう。
これは、実際に店舗を構えている銀行が提供しているネット専業銀行のようなもの。
インターネット支店を利用した場合、店頭窓口でサービスを受けることが出来ない一方で、預金金利が期待できたり、振込などに掛かる手数料が安くなるといったメリットがあります。
都市銀行や地方銀行といった一般的な銀行が、オンラインバンキングのサービスを提供していますが、そのサービスに似たようなものですが、高金利を期待することが出来たり手数料が安いポイントから考えると、ネット専業銀行と似ています。

 

インターネット支店のデメリットは?

インターネット支店を利用した場合、同銀行の支店とインターネット支店とで口座を連結させることが出来ないので、それぞれ口座を設ける必要があること、また、店舗で受けることが出来る一部のサービスに制限が掛かることもあるので注意しましょう。